ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

メール

 

営業時間
月・水・土・祝日
PM12:00~PM5:00

火・金

PM12:00~PM9:00

(定休日 木・日)

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

身長差

四体陸フィギュアが始まりました。

 

ペア部門には、色々なカップルが出場してますが

このカナダチャンピオン、

36センチの身長差(_)があります。

軽々 リフトをこなし、素晴らしい~

 

 

フィギュアのペアでは、身長差があった方が簡単に見えます、

でもボールルームダンスにおいての『身長差』はシビアな話しです(^^;

 

ボールルームダンス(スタンダード)で20センチ以上違うと、

色々な作を練らないとなりません。

 

例えば、私達の身長差は14センチ。

 

それでも、ベストな身長差とは言われませんでした。

(昔、身長差10センチくらいがベストって言われましたが…)

 

逆に、ヒールを履くと女性が高くなる身長差は、

私からすると大きく見えて羨ましいのですが、

本人達にとっては色々な悩みがあったりするんです。

 

 

 

シニア・グランドシニア競技会があるのは当たり前。

 

 

最近は男性の身長175センチ以下・165センチ以下 とかあります(ノ゜O) 

これにはびっくり!

でも逆に、なんで今までなかったんだろう?

 

という事は~ 

身長差10センチ以内・1020センチ・2030センチとかっていう部門が出来たら、

「好きな人と組みたいけど、身長差があって諦める」

っていう人がいなくなりますし(^0^) 

もっともっとカップルも組みやすくなりますね。

 

 

… えっ?

部門が増えすぎて、競技にならない?

 

 

確かに。

 

 

5センチヒール久美子

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    たちやん (土曜日, 16 2月 2013 09:52)

    赤いハイヒール
    太田裕美