ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

『障害物競走』

今日は世界陸上障害物のお話しをいたしましょう☆

 

 

私は私立の女子中学校にお受験で入り、二年生半ばで「男子いなくてつまらない」という理由で公立中学に編入しました。

 

まぁ普通はしませんけどね(^.^; 

 

 

で・編入したのが確か二学期からで、秋の体育祭が迫っていました。

 

必ず何かの競技に出なくてはならないシステム‥

走るのが苦手な私は「困ったな~(ρ_―)o」としばし沈黙。

 

 

黒板に

 

100m』 『200m』 『400m』 『リレー』『 障害物競走』

と書かれていき、

推薦や立候補で次々名前が埋まっていきます。

 

 

その時「なにっ?!障害物~!障害物ならやった事あるし結構得意だった

(^O^)v

 

「先生~!障害物やりま~す\(~o~)/」

 

 

となんとなくできそうな種目の担当になった私。

 

放課後早速、種目ごとに集められ練習が始まりました。 

 

ヨ~シャ と向かった運動場には『ハードル』が‥ 

 

えっと私の知ってる『駅南自治会運動会』の障害物って、まずハシゴを潜って、網を潜って、水入り洗面器に顔をつけた後、粉いり洗面器から大福を探し、

封筒の中の支持の人『メガネを掛けた男性』を探して、一緒にゴールする・・

 

というものじゃないの~?(≧ε≦)

 

 

 

その日から、ハードルを跳ぶ時の恰好で地べたに座り、

腕を振って 「イチニサ~ン イチニサ~ン」

 

 

それでも身体の硬い私は、障害物をなぎ倒し、チームに貢献した記憶はない

(´Д`)

 

 

 

人間障害物久美子

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    レジェンダー (金曜日, 16 8月 2013 04:31)

    ミルコとアレシアが日本インターに初登場したとき
    フロアを駆け巡るクイックステップにはビックリしました。

    えっ、これは運動会?

    ダンスは「ダイナミックでスポーティ」というのを
    思い知らされた瞬間でした・・・