ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

メール

 

営業時間
月・水・土・祝日
PM12:00~PM5:00

火・金

PM12:00~PM9:00

(定休日 木・日)

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

食べずに生きる

人は、『食べずして生きていける身体』になる事が出来る、らしい。

 

食べず…とは

 

一日一食・しかも凄く少食 くらいのレベルです。 

 

 

修行僧や仙人の域ですが、そうなるとかなり長生きするという事。。

 

生徒さんのお母様(95歳)が老衰で亡くなる前、

点滴などはせず水も飲まずに3週間生きられたとの事でしたm(__)m 

人間って凄いですね!

 

私は…

少食だけど…

仙人は無理かな(^^;

 

 

 

酒人久美子

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    レジェンダー (水曜日, 04 12月 2013 16:41)

    懐石というのは、ふところに、いしという字を書きます。
    むかし、寺の修行僧は、煩悩を抑えるために、
    食事は1日2食、最低限の量しかたべませんでした。

    このため昼間腹が減ると、石を暖めて懐に入れ、空腹を
    凌いだそうです。

    この精進料理を、茶席に応用したのが千利休です。
    侘茶で質素な美を追求していた利休は、
    お客に濃茶を振舞う前に料理を食べさせました。

    これが他の茶道にも広まったのですが、華美な流派は
    やはり料理も豪華になって、今に伝わったと思います。