ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

メール

 

営業時間
月・水・土・祝日
PM12:00~PM5:00

火・金

PM12:00~PM9:00

(定休日 木・日)

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

東京ボールルームダンスアカデミー

昨日は選手会が行う『ダンスアカデミー』がありました。

 

選手の頃は、いつもUKから帰って直ぐという時差ぼけの中で、

皆フラフラな感じで踊っていました。

 

 

さてパークからは貫名組と久野組がノミネートされて踊りました。 

 

教え子もノミネートされていて、外から彼らを見る良い機会です。

 

 

「どれどれ・ ん~皆浮き足立っているなぁ~。

新人賞から最優秀選手賞まで見ても…

ん~なんかピタッって音合わせる選手がいないなぁ」

 

 

そんな中、敢闘賞にノミネートされた教え子のK組が、

今まで外していたタンゴの音をピタッと合わせてきました

 

直前のレッスンで

「Kちゃん アカデミーで音に合わなかったら『クビ』ね」

と脅したのが効いたかどうかは分かりませんが、何しろ良かった。

 

 

帰りの車の中で

「今日のVIPはKちゃん達だね(^O^)

と言ったら

 

慎太郎「それを言うならMVPだろ(^^;)

…そんなお前がMVPだ」

 

 

MVPいただきました!

 

 

 

MVKumiko (^_^)v

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    レジェンダー (月曜日, 27 1月 2014 15:12)

    アマチュアで音が合わないというのは分かりますが
    プロ選手で音が合わないといっても、どの程度なのか
    私にはよく分かりません。

    柳橋先生たちのタンゴは解説の田中英和さんが
    「非常にタイミング良く踊っています」
    と言ってますからお手本にしてます。