ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

奥・・・まで行かない細道 第3章

こんにちわ!宮良です。

今日のお話は読書について。

 

読書、大好きです。

 

字が読めるようになってから毎日、なにかしら活字を読まない日はありません。

 

小学校の頃は、教室にある児童文学書を読破し、昼休みに図書室へ

本を読みに行って時間を忘れ、放課後になって先生に呼びに来られたり

(不思議と怒られませんでした)、

友達と図書館へ遊びに行けば、本に集中しすぎて友達の呼ぶ声を

完全にスルー。

あきれた友達に置いて行かれ、暗くなった夜道を(茨城の夜の暗さは

半端じゃありません)泣きべそをかきながら帰ったこともありました☆

 

本に没頭しすぎて周りの音が聞こえなくなってしまうのです。

 

この癖は今でも治らず、声をかけたのに返事をしなかった!とか

返事をしたのに(私は返事をした記憶ナシ)聞いてない!!などと

セルーリア番頭に怒られます。

 

小学校~中学校にかけてハマった作家は、江戸川乱歩、横溝正史。

「人間椅子」や「獄門島」なんかに胸を躍らせるヘンな小学生でした。

みんなが読んでいた赤川次郎にはなぜかハマらず(それでもひと通りは

読みましたが)、おどろおどろしい小説をひたすら読み耽り、

親に将来を心配されました。

 

高校生になってから読み始めたのは「源氏物語」。

この本は家にあったので何度か挑戦していたのですが、

古語が難しすぎて挫折。

高校の授業で古文を習ってからやっと読めるようになり、結局大学も

「源氏物語」の勉強をするために国文学科に進学しました。

卒論も「源氏物語」。

 

とにかく好きになると同じ作者の本を全部読みたくなります。

気に入った本は、何度も何度も読んでしまいます。

全く飽きないのです。

 

そして、好きな本の話はどんどん止まらなくなるので

この辺で終わりたいと思います!

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    レジェンダー (木曜日, 08 5月 2014 20:30)

    こんばんわ、おじゃまします。

    読書が好きな女性って
    知性が感じられますよね、なんとなく。

    私は、それほど読書好きではないのですが、
    それでも記憶に残る書物はあります。
    井上靖の「蒼き狼」
    吉川英治「宮本武蔵」

    最近の芥川賞、直木賞の作品も読みましたが
    あんまりパッとしないですね。
    村上春樹も苦手

    「源氏物語」は、そろそろ挑戦しなくてはと
    思ったりする今日この頃です。

  • #2

    ダンス大好き (木曜日, 08 5月 2014 22:29)

    こんばんわ^^
    私も本大好きです。
    若い時は世界文学全集読んでいました。
    ジードの狭き門、何度も読み返しました。

    中年なって藤沢周平が好きになり次々読みました。
    漆の実のみのる国や
    山崎豊子の大地の子など本棚にならんでいます
    そして今二つの祖国を読み始めたのですが・・・
    目が疲れます^^。

  • #3

    風紀委員 (金曜日, 09 5月 2014 11:30)

    レジェンダーさま。コメントありがとうございます。
    実は私も村上春樹、ピンと来ないんです。
    食べ物と一緒で好き嫌いがあるんですよね。
    「源氏物語」、是非読んでみて下さい!

  • #4

    風紀委員 (金曜日, 09 5月 2014 12:20)

    ダンス大好きさま。コメントありがとうございます!
    「狭き門」、大学の課題で私も読みました~。
    読んでみたい本は沢山あるのですが、競技を引退するまではダンスに集中したいのでちょっとセーブしています。
    目が疲れる・・・よく聞きます。
    これはもう・・・しょうがないですよね(^^;)