ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

メール

 

営業時間
月・水・土・祝日
PM12:00~PM5:00

火・金

PM12:00~PM9:00

(定休日 木・日)

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

奥…まで行かない細道 第2章

皆さん、ゴールデンウィークはいかがでしたか?

私は競技会が2つあり、4日間のお休みのうち、

1日しか自宅でゆっくりできませんでした

( i _ i )

飼い主が忙しいので我が家のお姫様、美らはお休み中ペットホテルへ。

離ればなれのゴールデンウィークでした…>_<

 

さて、今日は茨城なまりのお話を。

前回書きましたが、生まれも育ちも茨城のワタクシ。

気を抜くとついつい茨城なまりが飛びだしてしまいます。

何を隠そう茨城弁は、

他の地域の方が聞くとケンカをしているように聞こえるのだとか。

仕事中は気を付けて標準語を話していますが、実家に帰るとスイッチOFF

セルーリア番頭に「人格が変わったかと思った」と怖がられます。

 

私の中で、特に忘れられないなまりの一つが「あおなじみ」。

実はこれ、「青あざ」の事です。

私はずっと「あおなじみ」は標準語だと信じて疑わなかったのです!

「だっぺ」とか「いしこい」など、これはもう茨城弁でしょ、

と思っていたのですが

あまりにも日常的に使っていたせいか実は茨城弁だった!

と知った時の衝撃は大きかった…。

ああ、こんな方言を気がつかずに使っていたなんて…。

道理で他の地方の人が変な顔をするわけだ…。

なんて、落ち込んだこともありました。

 

今では、「あおなじみ」って、なんか響きがかわいい

 

とか密かに思っているのですが、皆さんはどう思いますか?