ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

日本インターの思い出その2

さて日本インター・思い出の2つ目は。。

 

あれは引退間近の年だったかな~? 

 

 

私達はシード選手として二次予選から出場。

 

ワルツ→タンゴ→スロー→と踊り進み、

最後のクイックステップ

 

よっしゃ やったろか!(^o^)

と張り切って踊っていたら・・

 

 

あれあれ? な~ん~か~転~倒~し~て~い~く~

(転ぶ時のスローモーション感を表現中)

 

 

周りには誰もいない…

 

そう、私が足を絡ませ、慎太郎を巻き込んだ自滅でした(>_<)

 

 

しかし ムクッと起き上がり、走り出した私達に会場のお客様は

拍手喝采♪へ(^o^)(^o^)ノ♪

 

 

それを見ていた友達が

「きったね~な~

誰かとぶつかった訳じゃない自滅で、

あんな拍手もらってよ~(; ̄Д ̄)」

 

 

その日インターで学んだ事は『ピンチはおいしい( ̄ー+)

 

 

選手の皆さま、今日・明日はピンチがあっても、

おいしく料理して踊って下さいませ。

 

 

 

 

ピンチヒッター久美子

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    レジェンダー (月曜日, 16 6月 2014 09:10)

    転んでも拍手をもらうのは人徳でしょう (^o^)ノ♪

    引退前の日本インターというと
    2006年 ソロ競技のタンゴ 背番号15番

    コメンテーターの檜山浩治さんが
    「ベーシックをこれだけ自分のものにしているのは
     基本とハーモニーを大事にしている」って
    解説しています。

    これは素人にとっては、すごく参考になります。
    ベーシックで自分のカラーを出す、ですか。

    クイックステップは・・・
    はぁ、なるほど、檜山さんのコメントが辛いですね。