ご予約・お問い合わせ

ダンスパークヤナギバシ

〒101-0023

東京都千代田区

神田松永町18-1

ビオレ秋葉原2F

 

TEL・FAX

03-6676-9085

 

メール

 

営業時間
月・水・土・祝日
PM12:00~PM5:00

火・金

PM12:00~PM9:00

(定休日 木・日)

 

お問合わせはこちらから

 

ようこそ!

ダンスパークヤナギバシへ

あなたは

人目の来園者です。

 

自分らしく

車に乗っていると、懐かしい音楽が流れてきます。

ある日

 

「どんな時もどんな時も 僕が僕らしくあるために~♪」   という歌に…

 

 

慎太郎「なんかさぁ…こういう自分を正当化する歌って、

いつから出てきたんだっけ?」

 

 

私「ん~バブル崩壊後。きっと1990年~2000年代だね。

この頃は自己主張とは違う・自己賛美的な感じ多かったよ。」

 

 

ナンバーワンにならなくてもいい、元々特別なオンリーワン とかも…

 

母が子を思う気持ちなら分かるのですが、

私には現実逃避、又は自己防御の歌に聞こえて仕方ありません。

(ひねくれてますかね?(^_^)

 

 

 

『自分らしく』…

 

やることやった人が使う言葉だと思いますけど。。

 

 

 

 

久美子らしからぬ

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    レジェンダー (水曜日, 17 2月 2016 16:43)

    それらは、ロスジェネの特長ですね。

    ロストジェネレーション
    1990年代のバブル崩壊以降の就職氷河期世代の別称